コラーゲンを活性する意外な方法 | SolJewl

2021/05/11 08:00

こんにちは。
SolJewl(ソルジュール)です。


まず初めに、コラーゲンが固くなる理由はご存じでしょうか?


加齢でコラーゲンが固くなるという話を聞いたことはあるかと思います。


年を取るごとに赤ちゃんの時のような肌の弾力やハリがなくなってくることは誰もが体感していますよね。

また、牛肉のステーキも、仔牛のステーキは柔らかく、成長した牛のステーキは固いのもご存知の通り。


コラーゲンが多いから硬いように思えますが、実はそうではなくて、年を取った牛はコラーゲンは少ないのですが、変性したコラーゲンが増えているのです。これが年とった牛の固い肉の原因です。


加齢で肌が固くなり、弾力やハリがなるのも同じ理由からです。


肉が硬くなる原因や、体が柔軟性がなくなる原因は、コラーゲンの必要以上のクロスリンク(cross-linke、架橋)です。


Cross-link クロスリンク コラーゲン


コラーゲンの線維のチェーンが、上の図のように橋を架けたように結合していく現象をクロスリンクと言います。


このクロスリンク(硬化、変性)は、簡単に言うとPUFAからできるアルデヒドから生じます
PUFAはここでも悪さをしてくるんですね…ガーン


このクロスリンク(硬化、変性)はストレッチをする(かける)と、どんどんクロスリンクの量が減ってくるということがある研究で分かりました。
つまりストレッチによって過剰に固まったコラーゲンがクロスリンクが取れて柔らかくしなやかになってくるということなんです。

ヨガ ストレッチ 美容家林美保

それも、過剰なストレッチではなくヨガのように呼吸で整えながら正しい姿勢で行う体のストレッチというのは、コラーゲンの過剰な変性効果をもたらすクロスリンクを減らして皮膚をしなやかに、ハリを改善させる役割があるということはリアルサイエンスからわかるということです。

ヨガ ストレッチ 美容家林美保

筋⾁への負荷が軽い運動やストレッチ運動を⾏うことで、コラーゲンが活性!


筋組織が強化されることで、全⾝のコラーゲンを始めとするタンパク組織が活性します。
もちろんシワやたるみ、ハリや弾力の改善にも貢献しますが、
結果としてミトコンドリアの代謝エネルギーが増えるので、肌の再⽣のためのターンオーバーがスピードアップし、結果としてシミも代謝されます。

ヨガ ストレッチ 美容家林美保

つまり、呼吸法を伴わせたストレッチは、最⾼の美肌法です。  


しっかり上質なコラーゲンを摂りながら


呼吸をともなった緩やかなストレッチをしていったらこれ以上にない最強の美容法&健康法ですね♪



世界から集まってきた本物のはちみつはこちらから
SolJewl ソルジュール